不倫相手に対する慰謝料請求(不貞慰謝料請求のための書類作成)

 不倫や浮気に関連するトラブルは、最近特に増えてきています。原因としては、携帯やパソコンの出会い系サイトの利用が増えてきたため、男女が出会う機会が多くなってきたことが大きな要因として考えられます。そして、不倫がばれる原因のほとんどが「携帯のメールLineを見て」であるため、携帯やネットのない時代に比べて、不倫がばれやすくなったということもあります。不貞行為に基づく慰謝料請求は、現在、裁判所の民事事件の取扱数は、過払い請求、交通事故についで多い類型になっています。

また、テレビ番組などでも法律的な問題を多く扱うようになったため、不倫のトラブルに対して法的に解決しようという流れもあるのではないかと思います。

不倫相手に対しては、民法上の不法行為を原因として民法709条により慰謝料を請求することができます。 判例でも「夫婦の一方の配偶者と肉体関係をもった第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つにいたらせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫または妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである(最判昭和54年3月30日民集33巻2号303頁)として不倫相手に慰謝料を支払う義務があるとしています。

不倫相手から慰謝料をもらうためには、まず不法行為の事実(配偶者がいることを知りながら、または知ろうと思えば知りえる状況で不貞行為を行なったこと)を不倫相手に突きつけた上で具体的な金額を内容証明郵便などで請求することから始まります。

そのためには、内容証明等で請求書を送付し、その後話合いなどをして示談が成立すれば示談書を取り交わします。示談に至らなければ、裁判上の調停・民事訴訟を起すのが一般的な解決方法です。

行政書士は、依頼者の求めに応じて、内容証明・示談書・誓約書などの書面を作成して、スムーズに不倫のトラブルを解決できるようサポートすることを主な業務としております。相手との交渉等は依頼者ご自身で行い、慣れない文書の作成や書面作成についての相談業務のみをサポートすることで、弁護士等に依頼する場合と比べて費用を低く抑えることが可能です。

当事務所では、42000円の費用で、内容証明による慰謝料請求から、相手の反論に対する回答書、和解契約書の作成までお引受けしています。和解契約書を公正証書にする場合や、本人訴訟や調停を起こす場合を除いてこれ以上の出費はありません。安心してご依頼していただけます。

☆まずはあなたのお話をお聞かせください。
不倫相手に慰謝料を請求するときの内容証明、誓約書、示談書の作成などのご相談。電話・メールによる相談は無料です。
内容証明等による不倫慰謝料請求のご相談は、面談によるご相談がおすすめ。
1回・時間無制限で5400円です。1ヶ月相談し放題のコース(6480円)もあります。
大阪にお住まいの方は是非一度足を運んでください。
0120-928ー553(関西の方は電話代無料)
すぐにメールで相談したい:nakadach@gmail.com
大阪以外の方:06-4865-4808 深夜:090-4278-1483
大阪府豊中市本町5丁目13番34号 ヴェルデ本町303号室
大阪府行政書士会会員 00260034
行政書士 中田ただあき事務所








Post a comment on "不倫相手に対する慰謝料請求(不貞慰謝料請求のための書類作成)"