奥さんに内緒で。

債務引受及び贈与について

特に女性の方が加害者になっているケース(不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されている場合)は、不倫相手の奥さんには内緒で、慰謝料相当額を援助してもらうことも有効になります。

法律上は「債務引受」などと言ったりしますが、免責的な債務引受をしてもらう場合は不倫相手の奥さんの承諾が必要になりますので、シンプルに贈与契約を結ぶと考えてもらって良いかと思います。

不倫相手からの援助が難しければ、不倫に関しての責任の割合について合意する文書(奥さんに支払う損害賠償債務についてその割合を8:2にするなど)を交わせるかどうか、交渉してみましょう。

できればそれらの約束は書面で交わした方が裁判になったときなど有利になりますので、ご相談ください。

 

☆まずはあなたのお話をお聞かせください。
不倫相手に慰謝料を請求するときの内容証明、誓約書、示談書の作成などのご相談。電話・メールによる相談は無料です。
内容証明等による不倫慰謝料請求のご相談は、面談によるご相談がおすすめ。
1回・時間無制限で5400円です。1ヶ月相談し放題のコース(6480円)もあります。
大阪にお住まいの方は是非一度足を運んでください。
0120-928ー553(関西の方は電話代無料)
すぐにメールで相談したい:nakadach@gmail.com
大阪以外の方:06-4865-4808 深夜:090-4278-1483
大阪府豊中市本町5丁目13番34号 ヴェルデ本町303号室
大阪府行政書士会会員 00260034
行政書士 中田ただあき事務所

Post a comment on "奥さんに内緒で。"