内容証明郵便の送付

 不倫相手の住所や名前が判明し、慰謝料の額が決まったら不倫相手に内容証明を送付し、慰謝料の請求をします。内容証明とは文字通り手紙の内容を郵便局が証明するもので、配達証明をつければ、いつ、誰に送付したかを証明することができます。

 不倫による慰謝料請求は不法行為を根拠にしますから、内容証明に記載する内容はおおよそ下記のとおりです。

・相手の名前・住所 ・いつごろから不倫の関係にあったか? ・その不貞行為に対して相手の故意過失があるか。多くは「婚姻しているのを知りながら~」というような書き方になろうかと思います。 ・具体的な損害を書きます。例:不貞行為によって配偶者としての権利を侵害された。多大な精神的な苦痛を被った等 ・それに対する慰謝料として「金××万円請求します。」と記載する。 ・いつまでに支払ってもらうか。口座番号等を記載します。

 内容証明が送付されたら、通常は相手方より返事があり、まずは話し合いになると思われます。話し合いになれば最初の提示額より解決金(示談金)は低くなるのが一般的ですから、内容証明で提示する慰謝料の金額は少し高めに設定するのがよいでしょう。あまり社会通念上とはかけ離れすぎた慰謝料を提示してしまうと、話にならないと思われてしまい、話し合いのテーブルについてくれない可能性もあります。

 一般的には、200万円~300万円程度を請求することが多いです。

内容証明自体は簡単で自分でも作成できますが、依頼すれば作成者・差出人として専門家の記名・職印を押させていただけます。弁護士に依頼すれば代理人となって内容証明を送付してくれますから、相手が受ける印象はかなり違ってきます。

不倫・浮気相手にプレッシャーをあたえるのであれば是非専門家に内容証明の作成をご依頼ください。内容証明について聞きたいことやわからないことがあればいつでもご連絡ください。

                                                          

 内容証明作成の料金(不倫慰謝料請求)

パック料金42000円(消費税・郵便代込)

【内容】

・内容証明郵便の作成、発送

・回答書の作成

・示談書、和解契約書等の作成

 

 

〒560-0021
大阪府豊中市本町5丁目13-34 ヴェルデ本町303号室
行政書士 中田ただあき事務所
メール・電話のご相談・お問い合わせは無料です。  定期相談サービスもあります。
 0120-928-553(大阪にお住まいの方)
その他の地域 06-4865-4808  不倫の無料相談フォーム

Post a comment on "内容証明郵便の送付"