誓約書を書いてもらおう

配偶者の不倫が発覚し、問いつめて認めた場合、不倫相手に慰謝料を請求するしないにかかわらずとりあえず、誓約書を書いてもらうようにしましょう。不倫が発覚した段階で不倫相手と訴訟する気がなくても、後で気が変わり慰謝料を請求したいと思うこともありますし、訴訟というのは事実認定が重要で、書面に残っている証拠というのは裁判所も重く評価します。ですから、慰謝料請求のように書面による証拠が残りにくい事件はなるべく相手との約束などを書面にしてもらうことが重要です。

誓約書には、浮気した事実、もう相手と会わないことを記載するのが一般的ですが、不倫相手から慰謝料を請求しようと考えている場合は、主に次のようなことを記載してもらいましょう。

1、不倫相手といつから交際したか。
2、不倫相手はどこの誰か。
3、不倫相手とは別れ、もう連絡を取らない。
4、もし、再び浮気したら慰謝料を払う。
5、浮気が原因で離婚することになったら離婚協議の内容に関して異議を唱えない。

不倫相手に書かせる誓約書

とくに1と2は、後に不倫相手から慰謝料を請求する際に有利になることですから、必ず書いてもらうようにします。このとき、「不倫の相手に慰謝料を請求するから」などといってはいけません。何とか上手くごまかして書いてもらいましょう。

☆まずはあなたのお話をお聞かせください。
不倫相手に慰謝料を請求するときの内容証明、誓約書、示談書の作成などのご相談。電話・メールによる相談は無料です。
内容証明等による不倫慰謝料請求のご相談は、面談によるご相談がおすすめ。
1回・時間無制限で5400円です。1ヶ月相談し放題のコース(6400円)もあります。
大阪にお住まいの方は是非一度足を運んでください。
0120-928ー553(関西の方は電話代無料)
すぐにメールで相談したい:nakadach@gmail.com
大阪以外の方:06-4865-4808 深夜:090-4278-1483
大阪府豊中市本町5丁目13番34号 ヴェルデ本町303号室
大阪府行政書士会会員 00260034
行政書士 中田ただあき事務所

Post a comment on "誓約書を書いてもらおう"